スプラトゥーン.com

スプラトゥーン攻略 カメラワーク

A+~Sを行き来している身内のプレイヤー(最高S80ぐらい)を見ているとカメラワークが気になったのでmk8.infoが行っている基本的なカメラワークの紹介です。

まずは『カッティングパイ』。FPSの基本となるカメラワークですが、角へ入るときは早めにカメラを回して角の先を視認しながら入ります。身内のSプレイヤーは角の先を視認しなかったり視認が遅かったりすることが多く、敵とバッタリ会って先手を取られたり運任せの撃ち合いになったりとしていました。

次にフェイントです。FPSでは『クイックピーク』と呼ばれています。横を向いて角から出てすぐ戻り角の先を安全に視認する方法なんですが、スプラトゥーンの場合はローラーのような近接一確武器があって角待ちされることも多いので、角の先を視認するというよりフェイントを掛けます。

イカ状態で角へ向かい、一発撃って慣性を殺しすぐ下がります。ローラーが潜んでいれば空振りを誘うことができますし、チャージャーが置きエイムをしていてもミスを誘うことができます。角の入り方を意識するだけで随分と変わるのではないかと思います。

次に周辺への警戒です。身内のSプレイヤーは見える範囲、正面だけを気にしている感じでした。なので、横や裏を取られることも多かったです。壁や自陣側で敵が入ることが難しい横や裏はそれほど気にする必要はないですが、相手側の横や裏は常に気にしていないといけません。

相手側に横や背を向けるというのは怖い動作になります。例え今はいなくても敵が入ってくる可能性は高いので、常に警戒をして少しでも動きがあったら振り返って視認したり、一定時間毎に視認したりと安全確認を怠りません。サウンドプレイも役に立つのですが、視認も早めに敵に気付く重要な動作です。

相手側に攻め入るときも同様で、見えていないところは怖いんです。スプラトゥーンは潜伏があるので敵インクが塗られているだけで怖いのですが、左右や上下の視認できていないところも怖いです。その怖さが身内のSプレイヤーはわからないんですよね。

いもすな、とつすなは『怖いな~。』と言うことが多いのですが、何が怖いのか身内のSはわからない。これ、実はmk8.infoもそうでしたw 『あそこ行きたいんだけど怖いんだよね~』と言われても何が怖いのかわからない。『そのまま行けばイイじゃん』と思ってしまう。警戒心や慎重さが足りないんです。

そこでそのまま行ってしまうから敵にやられてしまう。mk8.infoはSの頃にはその怖さがわかるようになっていました。SからS+へ上がれるようになったのは、その怖いと思う場所が増えてきた頃です。

左右に後ろはもちろんのこと、上下の視認も重要です。とくに見落としがちなのが上で、Bバスパークの中央高台は常に警戒を怠りません。上は見にくいこともあり見落としがちなので、意識して細めに視認することが大切です。

ヒラメが丘団地も同様で、下にいるときは上を意識して視認します。相手を早く見つければ見つけるだけ先手が取れるので、カメラワークを意識して視認しましょう。わかばでのヒラメが丘団地はカメラワークにも注目してみるとまた見方が変わるかも知れません。

武器にもよりますが、Bバスパーク・ヒラメが丘団地・マサバ海峡大橋のエリアは視認とそれによるポジショニングの取り方(立ち回り)が重要なマップになるので、これらが苦手なのであれば立ち回りだけでなくカメラワークも意識してみると良いと思います。カメラワークが立ち回りに与える影響は大きいです。

コメントする

コメントは自動承認です。>> ※ 米+半角数字でコメントへアンカーできます。
例 >>1 ※1 米1 全角数字だとアンカーできないので注意してください。
同コメントへの連続投票は無効です。別コメントへは投票できます。
Powered by Webツール.jp

1 名もなきイカ 2016/10/10(月) 21:53:46 ID:YzZlM2I5

もう更新されないのですか?


  •  

  •  

2 スプラトゥーン.com@管理人 2016/10/11(火) 19:02:28 ID:Zjg1NDll

あー、ごめんなさい。カンストからモチベがなくなったのと、仕事でガチマッチしはじめたので甲子園四国予選で引退かなと思ってます。スプラ2が出たら復活して更新するかもですが仕事しだいなとこもあり...。四国予選が終わるまではインするのでタッグやタイマンなど希望があれば付き合いますよ! 時間作らないとインできない感じなんでツイッターで声掛けてもらえれば。


  •  

  •  

名前: