スプラトゥーン.com

スプラトゥーン攻略 スパジャンとビーコンの置き方、使い方

サブ垢でS帯を戦っているとスパジャンとビーコンの使い方がわかっていない人が多かったように感じたのでmk8.infoが思う基本的なスパジャンとビーコンの使い方の紹介です。

ビーコンの置き方、使い方

まず開幕ビーコンは悪手となる場合がほとんどです。開幕ビーコンが許されるのは『道中に設置して前線への到着が遅れず、かつ前線に着いたときにインク満タンで即戦える』状況のときだけです。ビーコンを設置するために迂回して前線に出るのが遅れると数的不利を取られて一気に崩されることが増えます。裏取りもそうなんですが、『遅い裏取りは意味がない』ですね。

さらに『復帰からイカで向かうよりもスパジャンの方が早く、かつ安全性の高い場所』でないといけません。開幕設置でデスしたときを想定すると、敵はビーコンを壊しに来る可能性も高いです。敵に気付かれやすいところだと着地狩りされる危険性も高くなるため、安全性が高いところでないといけません。また、イカで向かうのと大差ないぐらいの距離であればリスクを考えるとビーコンを使うよりイカで向かった方がマシです。

これら条件を考えると、開幕ビーコンを設置して良い場所は相当限られます。モンガラキャンプ場の右金網スロープの死角、マヒマヒリゾート&スパの正面奥、タチウオパーキングの自陣エリア側高台ぐらいでしょうか。モンガラとマヒマヒは初動ルートの一つで、一旦突入のタイミングを計ることが多いルートと場所です。設置して道中や突入のタイミングを計るときにインク回復であればロスはありません。タチウオの高台は迂回ルートになりますがタチウオは開幕の正対が遅く、また防衛側が有利なので設置する時間は十分あります。どこも距離があるためイカで向かうよりスパジャンの方が早く、安全性もそれなりに高いです。

他にもあるかも知れませんが、パッと思いついたのはこれぐらいです。これ以外の開幕ビーコンは悪手と言ってイイと思います。

次に正しいビーコンの設置の仕方です。ビーコンは基本的に『優勢で塗り固めが終わったあと』に設置します。ヤグラやホコだと『押し込んで人数も足りてるとき』ですね。イーブンや劣勢時に置きに行くと数的不利から崩されるのでダメです。身動きが取れないときにとりあえず置いてインク回復というのも悪くはないですが、『押し込まれているときのビーコンは何の役にも立ちません』。

Sでのデカライン高架下でこんな試合がありました。エリアを確保するものの左から3-4回崩されてカウント負け。塗り固めてるときや固め終わってるのに崩される。思ってもいないところから敵が現れてキルされる。原因は塗り固めてる最中や防衛に入っているときにビーコンを左通路に置きに行くローラーでした。

基本的に味方の位置は把握しながら動いています。左に味方が居れば任せてエリアや中央、右を塗り固めたり防衛に回るのですが、このとき味方が居るところへの警戒心は薄めです。サウンドプレイもしているので、敵が入ってきても味方が戦っている最中に気付くことが多いからです。イカランプも気にしているので味方がやられても気が付きます。

しかし、誰もいないのであれば気付くことができません。『なんでそこから入られてるの?』と思い、2回目ぐらいでビーコンに気が付いたのですが立ち回りの修正が追いつかずに負けてしまいました。同様に開幕から敵を無視してリスキルに向かったり個性的なルートで裏取りに向かったりするのも戦犯になる可能性が高いです。味方は自分の動きも見ています。セオリーから外れる行為は味方の想定も外してしまうので、結果そこから崩されることが多くなります。このときは初動は有利が取れていて2回目もまだイーブンに近かったのでなんとか打開までいけたのですが、3回目からは塗り固める前に戦線を離れられたので塗りが間に合わず劣勢に追い込まれて負けです。

ビーコンは確かに前線への復帰を早くします。デカライン左通路は安全性も高いです。しかし、そもそも前線を崩されなければイイわけで、エリアの場合は常にノックアウトを狙うぐらいでないと勝率は安定しません。ペナルティが付いた時点で負ける可能性が数十%は高まります。戦線を離れずに守ったり塗ってくれていれば勝てた試合です。設置したビーコンは打開には役に立ったかも知れませんが、そもそも打開しなければイケない状況がすでに負けです。エリアは『確保と維持』がすべてです。よく打開時の動きを質問されている人を見かけますが、まず『打開されるからダメ』なんです。S+は一度塗り固めるとそう簡単には打開を許しません。逆にSはすぐに打開されるのでS部屋だとキルが増し、1デスが命取りになることも。

エリアは塗って固めて前に出る。『敵をエリアに近寄らせない』ことが大事です。ビーコンを置きに戦線を離れる行為は敵に侵入口を開ける行為で、玄関を全開にしているのに『なんで虫が入るんだろう』と悩むのと同じです。『いや、閉めようよ、玄関』。入ってきた虫を出すより玄関閉めた方が簡単ですよね。

そもそもビーコンはエリアではほとんど役に立ちません。ビーコンの真価はヤグラで発揮されるものです。ホコでも良いのですが、ホコはホコとまったく関係ないところへ味方が飛んで一気にカウントを進められて負けという状況も多くなるので微妙です。その点ヤグラはルートが決まっているのと進むスピードが遅いので間違いが起こりにくいです。

エリアで効果的なのはホッケ埠頭の相手広場とタチウオパーキングでの敵エリア高台、シオノメ油田の北ぐらいでしょうか。ホッケ埠頭は相手広場を制圧すると勝ちです。リスポーンから距離があるのと、塗り固めると打開が難しいところでもあるので一度優勢になって塗り固めると一人デスしても復帰まで優勢維持できている可能性が高いです。タチウオは取りにくい場所ではありますが設置しても壊されやすい場所でもあるのでちょっと微妙です。シオノメの北も北と手前通路から挟めれば打開の可能性が上がりますがビーコンがあると北に固まりがちになるのが難点です。シオノメは北よりも手前通路を抑えることが大事です。

やはりエリアだとビーコンが役に立つステージは限られますね。ビーコンの利点は前線への復帰が早いことです。『優勢時に前線を崩される前に復帰できる』のがビーコンの最大の利点です。イーブンや劣勢時はビーコンが壊されることも着地狩りに合うことも増えます。着地狩りされなくても、スペシャルも貯まってなく前線の状態もわからないところへ復帰して何ができるでしょうか?

イーブンや劣勢時のビーコンの周辺は安全かどうかわかりません。復帰して即デスするぐらいなら道中でスペシャルを貯めながら復帰したほうが100%マシです。劣勢時は特にそうですね。スペシャルがないと復帰しても何もできないことが多いです。

ビーコンは『前線維持』が特徴なんですが、エリアの前線はイーブンだとエリア周辺、劣勢だとエリアより手前になります。安全圏は前線より後ろなので、イーブンでエリア手前、劣勢時はリスポン周辺です。この距離ならほとんどの場合でビーコンに飛んでリスクを負うよりイカで安全に進みながらスペシャルを貯めた方がマシになります。

優勢時の前線は相手リスポン付近まで押し込めるステージも多いですが、エリアは動かないので前線へ行ける人数も限られます。多くて2人、あとは別ルートを抑えたり防衛に回った方が無難です。抜けられることも多いので優勢時でもやはり安全圏はエリア周辺か少し手前。塗り固めてさえいれば優勢をキープできている可能性は高いのでここは飛ぶだけの価値はありますが、味方へ飛ぶスパジャンでも良いことが多いです。

やっぱりエリアだと微妙ですが、これがヤグラだと異なります。ヤグラは押し込めば押し込むほど前線が上がり、ヤグラも上がるので全員が前へと進みます。安全圏はステージ中央。押し込んでいるときは数的有利が取れていることも多く、設置する時間を取ることも容易です。

本来であればヤグラの後ろが安全圏になるのですが、そこに設置するぐらいならヤグラに飛んで押し込むべきで、できるだけ押し込んで全滅してから中央ビーコンへ復帰してカウンターを防ぐ方がイイと思います。

ホコも同様ではあるのですが、前述のように一歩間違えると抜けられるので野良では使わない方が無難と思います。

『ビーコンは優勢時に塗り固めも数的有利も取れているときに設置するもの、使うもの』と覚えておくと良いと思います。少なくともイーブンのときに設置したり劣勢時には使わないようにしましょう。

スパジャンの使い方

スパジャンも基本的にはビーコンジャンプと同じです。『優勢時に前線を維持するために行うもの』であって、イーブンや劣勢時に行うものではありません。イーブンのときに『大きく』引いた味方へ飛ぶのは悪くないこともありますが、基本は優勢時に行うものと覚えておきましょう。優勢時に、『少し下がっている味方』へ飛びます。

ビーコンジャンプもそうなんですが、スパジャンの一番の難点は周辺の状況把握ができていないことです。優勢時はともかくイーブンのときはいつも以上に気をつけて動きましょう。思わぬところから敵が現れてデスというのも珍しくありません。劣勢時はスパジャンよりも道中スペシャル貯めて進んだ方がイイですね。

コメントする

コメントは自動承認です。>> ※ 米+半角数字でコメントへアンカーできます。
例 >>1 ※1 米1 全角数字だとアンカーできないので注意してください。
同コメントへの連続投票は無効です。別コメントへは投票できます。
Powered by Webツール.jp

名前: